共同募金の実施主体と目的
   
        運動期間  10月1日〜3月31日 (6か月間)

共同募金運動は、各都道府県に設立された「共同募金会」という民間団体が行って
います。共同募金は、「社会福祉法」に定められており、この法律において、共同募金の
目的は「地域福祉の推進を図るため」と、定義されています。

 

   もっと詳しく・・・共同募金のビジョンやしくみ
          赤い羽根の統計と歴史

    シンボルは「赤い羽根」
      昔から「赤い羽根」は、世界中で勇気や良い行いのしるしとして胸や帽子などに
飾られてきました。
 そのことから、共同募金では、たすけあいに協力をしてくれたシンボルとして、
「赤い羽根」をお渡しすることになりました。

  共同募金の種類と運動期間


 共同募金には大きく分けて「一般募金」,「歳末たすけあい募金」,「テーマ型募金」があります。
 運動期間は、厚生労働大臣によって定められ、10月1日から3月31日までの6ヶ月間、全国一斉に行われます


  一 般 募 金
        (赤い羽根募金)
    (10月1日〜12月31日)
 
 社会福祉団体や社会福祉施設の事業活動費,市町村の地域福祉活動費,
募金の管理・運営費として使われます。災害時には,被災者支援活動にも
使われます。
 歳末たすけあい募金
    (12月1日〜12月31日)
歳末たすけあい募金  (12月1日〜12月31日)
 歳末時期に行う社会福祉活動に助成する募金です。新たな年を迎える時期、
支援を必要とする方に使われます。
NHK歳末たすけあい (12月1日〜12月25日)
 
日本放送協会(NHK)と共催で実施し、主に茨城県内の民間社会福祉施設利用者
のために使われます。
  テーマ型募金
    (1月1日〜3月31日)
 
 支援する福祉課題(テーマ)を定め,その課題解決に取り組む団体等が募金
活動を実施します。

 共同募金は計画募金
   共同募金は、事前に使いみちや集める額(目標)を定め、地域の福祉のための募金と
 助成に関する計画を立てる募金です。
  「各地域で行われる福祉活動の中で優先して必要な額」をもとに、あらかじめ
 ”使いみちの計画”を立てることが義務づけられています。
  この計画に必要な総額が、「県内で今年は最低これだけの資金が必要」ということであり、
 これが「目標額」となります。
 
 集められた募金は?  共同募金の流れ                        
   
      「集められたぼきんは?」 「共同募金の流れ」